2020年09月27日

塩害ですよ!(^_^) 朝日

塩害すごかった 台風9号10号から まもなく3週間。
太る米粒、、、太れない スカな粒、、、だいぶはっきりしてきました。そこで、、、

本日9月27日
ぜんぶの田んぼをまわって 被害というか、収量予想をしながら すべての田んぼをまわってきました。

結果、、
「無農薬 朝日」なんとか 今までどおり お届けできる 数は 穫れそうです!
(予想が 大きくハズレなければ)


1)昨年より 面積を増やしていたこと
2)台風のとき、穂が出ている田んぼは 2割くらいで、大部分は まだ 茎の中だった
3)無農薬 無化学肥料 の 野生な稲は いま穂を出したら やられる、、って生きる力、、野生の直感! みたいなのが あったりしてーーー(^_^)


ということで。
たまには 短い 投稿がいいなと。

以下 写真5点とキャプのみ。


DSC_0107-2.jpg
茶色は塩で籾殻は枯れた。青いのは生きている。
でも、、、茶色も実は入っていたりもする。けど、太りがいまいち。
青くても ダメージ受けて 空っぽなのも 多々ある。
なので、重さが出なくて、天を向いたまま。ポッキーのまんま。
そして、葉が やられているのも 影響は大きいと思う。
海の堤防から100mの モロ潮風な 田んぼだから、しょーーがない。
でも 反に2俵はあると ふんだ。(4)


DSC_0159-2.jpg
堤防から 600mくらい。
穂が出るのも 遅かって 被害はわずか。
健全な穂は まだまだ 青いのです。
ブレた写真のほうが 伝わることもありますね。(76,77)
今日は北風が 強めだったんです。

DSC_0112-2.jpg
お彼岸なので、こんな写真も撮ってみた。
しかし 彼岸花って ちょっと 浮くよね。。地味な田んぼ風景に マッチしていない。今時期 もっと 可憐で 弱々しい 素敵な花が 畦には いろいろあるのだ。(13-の横)


DSC_0197-2.jpg
稲にてんとう虫。
ちょっと 意外。
でも 画面の30cm左に もうひとり居たんですよ。(は54)
無農薬、、&畦草ボーボー だと生物は多様です。なんちゃって。
クサネムのアブラムシに来た てんとう虫だったのかも。


DSC_0367-2.jpg
7月20日に植えた 遅い朝日は、ほぼ 被害2割程度で済んだ。
草を食べるタニシが居るので 無農薬なのに 草 一本もない。
草に養分 横取りされないから、稲が 青々。ちょっと濃すぎる どうしようかな。。。(は54)


DSC_0232-2.jpg
塩害で 葉を枯らした セイタカアワダチソウ。
1週間後には 先っちょから 新しい葉を出す人が多かった。
けど 何割かは 止まったまま。
地下茎でつながっているらしいけど、いろいろ あるんですね。
単純では 無いんですね。
生き方の違い、価値観の違いなんですかね。
それとも、コミュニケーション力による差なのかしら。。。(は55)

おやすみなさい。
けん







posted by おこめ at 22:08| 山口 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: