2018年07月08日

雨の被害はありません。が、、、宅急便が、、

大変 ご無沙汰で 書きます。
書かざるを得ない ですね。

昨日 七夕は、朝から雨が止み、田植えができる、と前日に判断し、お手伝いのえりちゃんに 来てねメールをし、子供と一緒に早々に寝ました。朝にテレビをつけることはなく、春から新聞も休止してしまったので、、、、いやぁ こんなに晴れた。ここまで晴れた。ええ天気♪

2922-1.jpg
2922-2.jpg
( 7/7 sat. )
小さくてわかりませんが、みきお母さんが田植えしています。
写真は 山田錦(酒米)の田植えです。
みなさんの 朝日は、週明けからです!


で、田植えを終えて 夕方、実家のTVで岡山広島ひどい被害だと知りました。
亡くなった方、不明の方、たくさんで 驚きました。
が、
いつも いいますが、日本は 水が 土砂を運んでくれて、平野ができて、発展したのです。
山が崩れ、土砂を水と重力が 低いところに押し流す。
その養分で 海の魚も豊かに、浜の砂も供給されてビーチで遊べる。
有り難い 自然の力です。



【【 宅急便について 】】

中国地方〜関西にかけて、鉄道・道路 ズタズタのようです。

きのうは 関東行きを 集荷してくれましたが、もしかすると 集荷を一時中止されるかも。

そして 集荷してくれても、少なくても翌日着は無理ですきっと。数日かかると思います。

ま、ちょっと早めにご注文ください。

すぐ発送して、見守ります(^_^;)


ー  ー  ー  ー  ー

以下、交通網情報のコピペです。



九州と関西の間の ルートが復旧まで 週間単位でかかりそうです。

山陽道、中国動、JR山陽本線、いずれも 複数箇所で 土砂で 線路道路が埋まったり、線路道路の下が崩れたり しているようです。


山口県内で言えば、下松から光へ国道2号線とJRが並走する区間、、、わかりますよね県内の方なら。あそこで 線路脇の崖が崩れ、完全に山陽本線の線路を塞ぎ、2号線も 上り車線は止めているようです。

https://matomedane.jp/page/10862/t_image/236002/3

=======

NEXCO西日本の被災状況 HPよりコピペ(7/7 18:00)

【災害箇所】 被災39箇所(全数)
 @ E1A 新名神 被災1箇所 〔のり面崩落1箇所〕
 A E24 京奈和道 被災1箇所 〔のり面崩落1箇所〕
 B E27 舞鶴若狭道 被災1 箇所 〔土砂流入1箇所〕
 C E2 山陽道 被災9箇所 〔のり面崩落2箇所、冠水1箇所、土砂流入6箇所〕
 D E2 山陽道宇部下関線 被災1箇所 〔のり面崩落1箇所〕
 E E2A 中国道 被災6箇所 〔のり面崩落6箇所〕
 F E73 岡山道 被災3箇所 〔のり面崩落3箇所〕
 G E31 広島呉道路 被災1箇所 〔のり面崩落1箇所〕
 H E73 米子道 被災1箇所 〔のり面崩落1箇所〕
 I E2A 関門道 被災2箇所 〔のり面崩落2箇所〕
 J 関門トンネル 被災1箇所 〔のり面崩落1箇所〕
 K E32 高知道 被災3箇所 〔のり面崩落2箇所、橋流出1箇所〕
 L E3 九州道 被災5箇所 〔のり面崩落3箇所、冠水1箇所、土砂流入1箇所〕
 M E10 東九州道 被災2箇所 〔のり面崩落2箇所〕
 N E34 長崎道 被災2箇所 〔のり面崩落2箇所〕

【上記のうち重篤被災箇所】 6箇所
 特に、下記の区間は復旧までに相当な時間を要する見込みです。

 E2 山陽道 河内IC〜本郷IC(土砂流入)
 E2 山陽道 志和IC〜広島東IC(土砂流入)
 E2A 中国道 新見IC〜北房IC(のり面崩落)
 E32 高知道 新宮IC〜大豊IC(土砂流出に伴う橋梁上部工流出)
 E3 九州道 新門司IC〜小倉東IC(のり面崩落)
 E10 東九州道 椎田南IC〜豊前IC(のり面崩落)

==========

JR西日本 運行情報 広島山口版よりコピペ(7/7 22:07)

一昨日からの激しい降雨により、広島・山口の各線区で運転を取りやめています。
各地で大規模な土砂流入や盛り土の流出、電気設備の水没などが発生しており、運転再開には相当長期間を要する見込みです。なお、明日も山口県内の一部の線区を除き、各線区で運転を取りやめます。また、道路も被災しているため、代行輸送も実施いたしません。ご理解をお願いします。

<明日7/8から運転再開する線区>
山陽線(新山口駅〜下関駅)
山陰線(益田駅〜幡生駅、長門市駅〜仙崎駅)
※「○○のはなし」は運転を取り止めます
宇部線(新山口駅〜宇部駅)
小野田線(居能駅〜小野田駅、雀田駅〜長門本山駅)

===========


JRは、岡山県内より西は ほぼすべて 時間かけての点検や補修が必要のようです。
例外は、我が家周辺で、本日7/8から運転再開。


近くの 防府(ほうふ)での降水量(もちろん気象庁)

スクリーンショット 2018-07-08 5.47.18.png
(中略)
スクリーンショット 2018-07-08 5.47.29.png
スクリーンショット 2018-07-08 5.46.46.png


本日は みきお母さんは 佐山のバレーボール大会、僕はえりちゃんと田植え、かよちゃんは草取り。

けん



posted by おこめ at 06:25| 山口 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月27日

苗の土(てきとう)

いま ここ 一ヶ月ほど 苗をつくる作業をしております。

4,000枚とか 5,000枚とか やるのです。
これに使う土を買って賄うと すぐに 40万円とか50万円とかになります。

昔はどうしていたのか、、、、、

あのプラスチックな苗箱に苗をつくるのは 田植え機に植えていただくのためなのであって、昔は田植え機も苗箱も無かった。それ以前 どうしていたかというと、田の一角で 田の泥に直接たねを種まいて 苗を作っていたのです。

田植え機が広がり始めた昭和30年台とか、、、、きっと最初は 冬に田の泥の表面を横にどけて、その下の ヒエの種の無さそうな泥を 取ってきて、使ったはずです。

何千枚と苗を作る農家がそれをやると、田んぼが 年々低くなっていくそうです。
続きを読む
posted by おこめ at 22:20| 山口 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月05日

無農薬、古民家、移住者、自然派とか。

広島尾道へ移住した若者たちの活動をテレビでみた。
移住者は基本オシャレな人が多い気がする。センスがいい。
我が家の、無農薬、化学肥料無しのお米、朝日を求めて来てくださるお客さんのパターンは、子供のアレルギー、アトピーがきっかけで食を見直し、我が家のおこめにたどり着いたという方がよくある。
そういう方の暮らしぶりは、街のアパート暮らしだったり立派な新築に住まわれていたり、しっかりしたサラリーマンだったりしますが、食に気を使われています。

都会から移住してきた人たちは、
カフェをやってたり雑貨屋をやってたり、なんか、おっ!と興味をひかれる何かをしている。そういうお店に入るとワクワクする。置いてある商品やら古い家具やら雑誌やら何もかもに私はときめく。

「無農薬」のお米っていうフレーズを口にするのがなんか恥ずかしくなるくらい、
自然な流れつまり、自分の心地よさを求めてあるがままに米作りを追求した結果、無農薬・無化学肥料にたどり着いた。
尾道移住者のテレビを見て、なんかいいなと思ったのは、みんなそこは一緒なんだなと感じたから。
体に悪いから無農薬、無添加とかじゃないよね。
もっとこう、買物が、自分が何を選ぶか、それが世の中の循環としてあって、選択していくおもしろさー。


そしてわたしたちはこの家を選んだ。
IMG_20180403_231016_690.jpg
そう、前は気づけなかったけど
お客さんが、どっちでもいいんだ〜と気づかせてくれました。
絶対的に自然派を選択していた私に。

おみきのつぶやきです。

posted by おこめ at 22:16| 山口 ☁| Comment(0) | おみきのつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月27日

お引っ越し(手伝い)

おとつい 日曜日。

友人の引越の手伝いで県内を約2時間、その主人の運転するレンタトラックの後ろをくっついて走った。

PM2.5っぽい 霞がすごいけど 春っぽくもあり。

目的地へ到着間近の写真です。

DSC_0130.JPG
2時間走って、いよいよ橋へ。

DSC_0132.JPG


DSC_0133.JPG
下に家があるからか、塀が高い。

DSC_0134.JPG
カメラを下げた女の子。もしかして 鉄か。下は山陽本線。

DSC_0135.JPG
美しい トラス橋。

DSC_0139.JPG
渡ると 桜が膨らんで。

DSC_0140.JPG
まもなく川沿いに。

DSC_0141.JPG
ガードレールが あるけども、、

DSC_0142.JPG
あるけども、、

DSC_0143.JPG
トラックは 軒をクリア

DSC_0145.JPG
右の田で 爺さんが 春起こし

DSC_0146.JPG
ここは路肩が 食えたのを 補修してある。

DSC_0147.JPG
右は田んぼ。

DSC_0148.JPG
左は お墓。

DSC_0150.JPG
こちらも桜。

DSC_0151.JPG
いい景色。

DSC_0152.JPG
いいですねぇ。

DSC_0153.JPG
山が大きいですね。

DSC_0154.JPG
少し 川から離れ、

DSC_0155.JPG
ミラーをかわして、

DSC_0156.JPG
また川沿いに。

DSC_0157.JPG
日陰の川は 夏遊べそうだ。

DSC_0158.JPG
お、いよいよ近づいてきたか。

DSC_0160.JPG
登り始めました。

DSC_0161.JPG
なかなかの坂です。

DSC_0162.JPG
左は こぶしでしょうか。

DSC_0163.JPG
こぶしにつばき。

DSC_0165.JPG
到着した模様。バックで入れております。

DSC_0173.JPG
到着。

DSC_0185.JPG
この先は こんなんでした。

さて、どんな生活をされるんでしょうか。

けん
posted by おこめ at 07:10| 山口 🌁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月25日

種子法廃止を考えてみる。(前半)

種子法の廃止で、みきさんのお米は値上がりしますか?
廃止のデメリットばかり取り上げられていますが、メリットは何もないんでしょうか?


東京で長らく我が家のお米を食べてくれているお客さんから こんなメールが来たのが 2月2日。

種苗法の廃止が 我が家のお米の値段に影響することは 無いと思います。
それよりも 消費増税や宅急便値上げのほうがよっぽど 影響大です。

あと 廃止のデメリットですが、ぼくはそんなに無いと思います。
モンサントのような多国籍企業に種子が乗っ取られる!! 的なことは僕も阻止したいですが、それはそれで もっと大きな視点でやるべきであって、こんな 古い、敗戦後の食糧難対策な法律を 武器にして日本を守ろうとするのは、憲法9条にしがみついてるのと 同じ構図かなと、構築しなおしすべきかなと思います。

と、結論を書いてしまいましたが、そう思う経緯を 長々と書きます。
書いてみて 自分の説明好きに嫌気が差すほど 長い。

以下書くにあたっては、県の方と少し立ち話、元職の方と少し電話をして、それから、ネット上の情報、を僕の思い込みとを混ぜながらまとめています。



【 主要農作物種子法 】

略さないと こうなります。
略して 種子法 と言われると、野菜とか全て含まれそうですが そうではなくて、主要作物=米 麦 大豆 だけの法律です。野菜果樹を含めた全般のことは、種苗法(しゅびょうほう)さんがご担当です。

で、以下略しますが、この種子法は、

都道府県に対して  米、麦、大豆の栽培に使う 優良なタネの選定と供給を確実にやるべし

と義務付ける法律です。戦後すぐの制定。
これが昨年4月に国会で廃止が可決され、今月 H30年3月末をもって廃止されます。
廃止可決時に付帯決議がつきまして、いままで通りの予算措置を国に求める と。

要するに 国はもう強要はしませんが、当面予算は出しますので、今まで通りやるんでしょ、自主的にどうぞ。というのが 僕の理解。


新潟県と兵庫県は、この廃止に反応して、この法っぽい条例を作成中とのこと。新潟は説明不要の米どころ、兵庫は お酒に使うお米”山田錦”の大産地・総本山。ほかの多くの県は 「要領、要項を整備して対応します」という横並び。。。しかし ググってみると、種子生産の多い県は 力を入れざるを得ない という感じの様子が散見。
わが山口県では、 要領、要項をもって引き続き対応します的な説明が、内部や議会であったようです。とくに力が入っている県、ではなさそうです。

ということで、すぐ 何かが どうこう では ないと思います。

以下、お米だけでお話します。


【 この法による お仕事 とは】

山口県でいうと、農業試験場と原種農場にある田んぼで、県の方が栽培試験をしています。
試験場は 山口のゆめタウンの横、原種農場は 道の駅みとうの近くです。
あと、農家に農家の田んぼで実際に栽培してもらうという試験もあります。

ここで、
県としての「奨励品種」を選びます。
お米の味とか見た目、虫や病気への耐性、栽培のしやすさ、そしていまは販売戦略も含めるんだと思いますが、それらをみて、県として推し進める品種を選びます。というか、、、、実際に農家へ品種を勧めて、タネを農家に売って、栽培指導して、できた米を農家から買って、その大量の米を流通に売る、これは農協の仕事ですから、この 奨励品種えらび に農協さんも完全に参画しているんだと思います。


品種が決まったらそれを原原種といい、それを原種農場や委託先などで殖やして原種を用意して、それを 種子生産田んぼ に指定された農家へ供給します。

種子法って1〜8条までしかないんですが、2〜6条は 種子生産田んぼの選定とか運用のこと。7条は原原種のこと、8条は奨励品種の選定。条文はそんだけ。その条文が誰に仕事させているか、と考えてみる、、、、


8条、奨励品種。これはきっと、県が栽培試験して、選定は県と農協に学者も入るのかなぁ、、。
7条、原原種のタネを何年かに1度栽培して種子を更新して、冷蔵保管、、これは県。
2〜6条、農家に供給する大量の種子を作る田んぼの指定〜栽培〜検査、、、現場の実働の9割は農協さんでしょうね。


我が家も過去に種子生産をやっていました。みきちゃんになる前、勝敏じいちゃんの時代に麦の種子を作っていたそうで、「種子生産ほ場」って 当時田んぼに立てていたであろう看板が残ってます。

(業界では田畑のことを「ほ場」圃場、ほじょう、と言います。行政、農協の現業部門の文書に「田んぼ」なんて表現は出てきません。)

で、種子ほ場で虫が出た病気が出た、、となったら県の担当も来ますが、近いのは農協さん。県で現地に行ける担当者はきっと数十人でしょうけど、農協さんは支店が沢山で 中学校区くらいに1つは支店があって、1〜5人とか営農指導員ってお兄さんやお姉さんが居ますから、まず農家はそこに頼るわけです。ここは◯◯さんのほ場で、ここはいつも草が多いよね、とか 農協の指導員さんってのは そんなことも踏まえてアドバイスしたり、出荷したモミを一緒に運んだり、問題が出たら これは なんじゃろかー と一緒に考えたりするわけです。

こういう担当、農協さんは、人数で県よりヒトケタ多いし、圧倒的に近いし、関わる時間も圧倒的に多い。現場では農協さんがいないと回らないわけです。


一方、現場でなくて東京での会議とかでも農協さん無しでは成り立たないだろうな、というのは、タネの都道府県の間の供給とか調整です。山口の農協でコシヒカリのタネを注文すると、「富山のたねもみ」って袋でやってきます。北陸はタネの生産が多いようです。コシヒカリとか、ひとめぼれとか、大量に必要な、メジャー品種のタネは、県をまたいで供給しあっている。タネが足りないとなったら、大変なことになるでしょうから、大変ですね。


何が言いたかったかというと、
農協さんの担っている部分がとっても大きい。と。
田んぼ農業の現場は主に県と農協が常に一体な感じで動くのです。だから、国が一歩引くことになりましたが、、今後、もしも、県も一歩引いたところで、、、農協さんが踏ん張るのではないかと。いやぁ 県と農協は一緒だからなぁ、農協が県を押し留めるだろうなぁ、、と。

タネの供給の面では 当面何も変わらないだろうなぁ と思うわけです。

- - - -


後半戦、奨励品種をめぐる問題、数日以内にまたアップします。


DSC_0127.jpg
昨日 岩牡蠣をいただき、はじめて タバスコをかけていただきまして、とても良かったです。
このあいだ ラジオで 防府の黒潮市場のかき小屋のお兄さんが 「もともとタバスコって 牡蠣のために出来た」んだって。うっそー。と思ったけど。日本でも ゆず絞ったり。タバスコも 酢ですからね。そっかー。と。タバスコは開封して時間が経つと辛さも風味も飛んでしまうので、どんどん使うように 最低半年で使い切るように心がけて生きております。

けん


posted by おこめ at 07:02| 山口 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月21日

朝のできごと

大変 ご無沙汰ブログで すみません。

引っ越し後 多少落ち着き、、、いや、落ち着いてません。

本日は寒いですね。関東は 雪も降ったとか。
こちらは 冷たい雨、、、というほど 寒くも無かったか。。

本日は祝日で 幼稚園もなく、でも全員いつもより少し早く起きたので、ゆったりした朝でした。

文君がうんこをしたので、おむつを取った その間に 玄関へ。

DSC_0035-2.jpg
みきお母さんのスリッパで玄関へ。


DSC_0039-2.jpg
引っかかって 脱げますよね。


DSC_0050-2.jpg
なぜか 歯ブラシ持っています。


DSC_0043-2.jpg
maki兵衛姉さんは 泥落としをどけて、玄関前を掃いてくれております。
いま、家事の手伝いするのが けっこうブームのようです。
このまえは、おむつを20枚以上畳んでくれました。

しばらくして、おむつをしてズボンも履かせてから、また玄関へ。
DSC_0057-2.jpg
なんか言っています。
チュンチュン、チュンチュン、と 僕にアッピールしてきます。

行ってみると、バードウォッチングをしていたようです。

DSC_1470-2.jpg


DSC_1470-4.jpg
これ、ムクドリ で合ってますでしょうか。

また 何か書きます。
けん

posted by おこめ at 22:31| 山口 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月13日

晩秋の感じ

DSC_1274-1.jpg

いつもですが ばたばた しておりまして ご案内 ゴテゴテでございます。

新米 朝日 発送 開始しております。
先月の15日頃からだったでしょうか、開始しております。

この秋は 朝日 昨年よりも 沢山穫れた模様です。
なので どんどん 食べていただきたく 存じます。

朝日 玄米(今年は 未熟の青い米が 目立ちます)
朝日 白米(精米は 胚芽米よりも黄色い仕上げです)
宅急便でお送りします。
宅急便代は 子育て家族には 大割引しています。
宇部とか山口くらいは ちょこちょこ配達もしています(無料)。

ご住所をメールいただければ、案内を〒郵送します。
アナログ対応で やらせていただいております。

メール。
mks-wave@c-able.ne.jp

(docomoのメールからだと こちらからの返信メールがブロックされるみたいですので、docomoメールの方は、必ずお電話番号を入れてください。電話かショートメールかなんかで ご返信します。)

===================
以上 業務連絡でした。===
===================

昨年 10月に 第三子が生まれ、この9月ころから あるきはじめ、いまは 椅子に登り、僕の事務机の上のごちゃごちゃに手を伸ばしています。
変なメールの返信とか 行くかもしれません。


DSC_1240-2.jpg
kikuに撮ってもらった 僕とふみ君です。
素人写真は 足が切れて 半分が空。


DSC_1253-2.jpg
柿を食べさせています。
2個目が 渋くて 渋い顔してました。


DSC_1274-2.jpg
DSC_1274-1.jpg
斜面に木いちご発見で よじ登る kiku



DSC_1280-2.jpg
くっつくやつも だんだん朽ちて来ましたが まだくっつきます。



DSC_1281-2.jpg
くっついて みな どっか行った跡。


DSC_1276-2.jpg
今年は 柿 成り年 だったみたいです。
鳥も喰わないくらい どっさり成りました。


DSC_1282-2.jpg
たわわ って 誰が言い出した表現なんでしょうね。


DSC_1283-2.jpg
山口では ”まぶりつく” っていいます。


DSC_1286-2.jpg
これからは ぺったんこの 草が 美味しい季節ですよね。
これも 美味しいですよ。


DSC_1287-2.jpg
柿も 落ちております。いいですよね。
僕も 焼かずに土に還りたい。


DSC_1288-2.jpg
土に還らないように 屋根かけたい。


DSC_1290-2.jpg
物流に欠かせない パレットも 土に還ったり、きのこが生えたり。


DSC_1299-2.jpg
これは ナスの仲間な 草の実だった 気がします。
不味いですよ。


DSC_1302-2.jpg
柿のへた は木に残る。


DSC_1296-2.jpg
二島、名田島の 火の山。
火 は 風水で 南にあたるので 、、、、。というのを 宿題。


DSC_1303-2.jpg
たしか二年前、銀杏を腐らせようと 水に浸けたまま。。。



DSC_1304-2.jpg
寒い中おつかれ、水道、タカギ製品。



DSC_1307-2.jpg
まだまだ頼むよ 精米機。


DSC_1310-2.jpg
5℃。



DSC_0980-2.JPG
奈良線 103系。


今日は もの運び、会議、懇親会。

けん
posted by おこめ at 06:47| 山口 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月27日

あぶら の 良し悪し

(長いです。すいません)

食後に お皿を洗うと “あぶら” の良し悪しが てきめん分かります。

流水とスポンジでこするだけで 落ちてしまう あぶら と
洗剤使いたくなる あぶらがあるのです。

いま僕は 水だけでお皿を洗います。
炒め物や 天ぷらのせた お皿でも 流水でゴシゴシこすれば 全部落ちます。

洗剤を使うのは、魚臭い もしくは 肉の脂ギトー って時だけです。
(我が家の洗剤は ネットワーク商法な 生薬高度利用研究所製 のものです。よく落ちます)


なんで こするだけで 油も脂も 落ちるのか、

それは ”ええあぶら” だから ではないか と。


DSC_1033-2.jpg


まず 油 です
菜種油、ごま油、オリーブ油、いずれも 我が家の台所にあるのは 高い油しかありません。菜種油は 800cc 1,200円、ごま油 300cc 600円、グリーンコープっていう生協で こんな値段。だから 実家の親が来て 揚げ物するって どどーーっと油を注ぐと 胸が締め付けられます ちょっと。

ま、高い というより、”本来の” 油ですね。安物の油は たくさん 早く 搾るために 薬品の力を借りて搾ってるわけですが、、我が家の油は ”圧力” だけでございます。

油の話をすると思い出す 中国映画。
↓  香魂女(1993)
香魂女2.jpg
ずーーっと ごま油作ってる映画です。


つぎに、鶏
ふつう養鶏場って ひどい人口密度でギュウギュウで太らされ、外の光を遮断して電気の明かりで管理されるのですが、、、そうではなくて、人口密度が少しはマシで、太陽の光も多少入って、風も多少入って、おがくず敷いてある土というか堆肥の上で 多少 自由に動き回って育った鶏の 卵や肉を求めます。

エサは、 肉骨粉、魚かすも何%か混ぜて 早く太らせるのが 一般的ですが、、、、植物質のエサだけで、遺伝子組み換えトウモロコシも無し、我が家が出荷したの飼料米もわずか食べているはず、太るの遅いから 多少時間がかかる、、、という。

末端価格 たまご10個で 300円代後半、お肉もグラム130円から って感じです。


あと 魚
みきお母さん、近くのものしか買いませんね。というか 「床波」(←宇部です)「萩」「仙崎」ってシールが貼ってあるの ばっかり買ってきます。地元流通だけな魚だけが出て来る食卓というのは 幸せです。

イオンでCMしてしまうような 北欧の◯◯サーモンなんて 絶対買いませんね。1回も買ったことないと思います、みきお母さんは。 魚の養殖の世界もですね、牛豚鳥の畜産と似たようなもので、肉骨粉とかで太らせたりもするし、人口密度も高いので 病気予防の薬品もそれなりに使うのでございます。

・・・イオンのノルウェーのサーモンはHPで ”無投薬” を謳っていました。
遠い遠いノルウェーで養殖して空輸して、脂たっぷりで甘いから子どもがよく食べる! ってCMを見たときは ほんと いろんなことに 落胆 しましたね。もっとも 問題だと思ったのは なんでしょう、やはり、共働きで 皆さん忙しくって 簡単単純に済ませたい欲求、面倒くさい 日本文化、食事とは、なんて考えたことも無いんだろうなぁと 。 すいません。



で、結論

これらの 油 肉 たまご 魚 は、
我が家の お米づくりと同じようにそだったのではないか、ということ。

欲張って育てると クスリ漬けになるので、ほどほどにして クスリに頼らない。もしくは ほんとうに 自然のまんま、ということ。

こういう 油や 脂で お料理をすると、皿洗いが とってもラクなのであります。


一方、我が子が あるイベントで カレーをご馳走になり、そのカレーの器を ぼく洗おうとしたんですが、、、べとつき具合といったら 凄いのです。諦めて 生薬研究所の洗剤に浸け置きとしました。


また、地区の男衆の飲み会で イオンのキロ600円な牛豚肉を焼肉するのが恒例なのですが、、、すごい脂でして ホットプレートは 油の海になるし、まわり高齢だから 肉はぼくに集まるわけで 食べながら気持ち悪くなるし、最後は 皿洗う方が ジョイをどっさりつけるので その臭いで また気持ち悪くなるし、、、、。

やはり、肉や油は 頻度を抑えて ええものを選ぶべし と思います。



さいごに牛乳の脂

我が家は だんだん 脱牛乳になってきております。それは、牛の乳って 牛の赤ちゃんのための栄養とかホルモンとかが詰まってるんだろうから、それを人間が毎日飲むのが健康なのか問題を 知ってしまったからです。。。。

なので 牛乳も 放牧してそうで 低温殺菌で ノンホモ のを たまに買う です。
そういう牛乳を飲んでも そんなに 味の違いって わからないんです。だから 加賀谷さんに言わせたら 考え過ぎ ってことなんでしょうけどね。


でも 一口飲んで ぜーんぜん 違う 牛乳もあるのです。
とっても さらっさら の牛乳なのです。
岩手県の超辺鄙なところで酪農をやっている 中洞牧場 の中洞(なかほら)さんは、木を伐った山に牛を放して、夏も冬も話しっぱなし、搾る時だけ建物に入る、乳量増やすためのトウモロコシとか与えません。牛乳は720cc 1,000円ちょっと。

その中洞さんの牛乳をいただく機会がありまして、、、、 みきお母さん「水みたい」って。確かに そのくらい さらっさら でした。いままでの牛乳って なんだったんだろうか と。
中洞牧場


ぼくらの 血液もね、何を食べるかで、中洞さんの牛乳と同じように、サラサラだったり ドロドロだったり、脳梗塞を引き寄せる食事だったり、と考えるのであります。

元気に動き回っていれば 何食べたって サラッサラ ってことも あるだろうとも 思いつつ・・・

ながなが 失礼しました。

けん
posted by おこめ at 06:25| 山口 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月22日

働き方改革? ってほどでも。

ごはんが炊けるまでの時間で 書くだけですが。。。

毎週 配達でおじゃまする老人保健施設の 調理室を司る管理栄養士さん。
夕方 ”18時”の退社を厳守! ってことになった。
施錠もするので 僕も最低16時には 出発しないといけない。


隔日くらいで 電話で「今日もお願いしまーす」ってお米を集荷に来てもらっている ヤマトのお兄さん。
12−13時は 携帯電源OFF! ってことになった。
ま 支障ないですけど、13時過ぎに電話しても不通の時が一度だけ。
電源入れ直すの忘れてたー って

以上2つ 働き過ぎ改革。

さっきの農業共済組合の会議にて。
今年から、、、農薬のヘリ散布の実施済み農家の名簿データを 散布会社からも 農協からも もらえなくなったので、補助を受けるヒトは領収書を添付するように! 個人情報保護法のうんぬんです と。
去年までは 渡していたデータ。しかもこの補助制度は今年でおしまい 最後の年。
それを 今年だけ拒否する。
農協の窓口は この一件で 秋、無駄な仕事が増えるでしょうね。
悪法、、というか、運用する組織のアホさ、、、じつは もしかして 他の理由があって 言い訳に使っただけなのか。


お盆から 格段に過ごしやすくなりましたが 涼しいわけではなく 相変わらず暑いですね。
東のほうは お天道様が だいぶ足らないみたいですけどね。

ごはん 食べ終わりました。
けん
posted by おこめ at 13:17| 山口 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月12日

贅沢な時間

田植え終了から1ヶ月が経とうとしております。
こんばんわ。

【業務連絡です】
今年は お米が 秋まで 持ちそう かもしれません。
また、お盆でも お米は お送りします。とくに出かける予定は ありません。
今日も注文がありました。
昨日 米粉も 少し確保しましたので どうぞ。
【以上です】


IMG_1110.jpg
文君と 田まわり。

田植えから1か月。
この間、田に水を入れたりする毎日です。雨がほとんど降らないので 休む間が なかなかありません。
それに加えて、、、、 追加の肥料とか 除草剤とか 精米発送配達とか 6月に穫った麦の出荷とか 麦を通した機械の掃除とか 溜まった事務とか、、、、、

ですが、それらも だいたい 済みつつあり、、、というか もう タイムアウト、時間切れです。穂が出る時期から逆算して もう半月とかですからね、もう何もすべきでない わけでございます。

ということで 本日は贅沢に
午前は 田まわりのあと、2時間 朝日の田んぼの草取り。
午後は 2時間 モッサモサの 畦草刈、家の草刈りを致しました。

外の作業に 没頭できる というのは 贅沢ですね。
景色が 変わりますからね。
本日は 風が きもちよかったですからね。


だいたいの毎日は、、、
いつもは モーター音の中、精米、
袋に詰めて 箱に入れて 伝票書いて ヤマトに電話して、
終わったら 精米機のヌカを ブラシで落とし、集め、
溜まったヌカを 袋に入れて 積み上げて、
空になった米袋を畳んで保冷庫にしまって、
さて作業場の前の草でもと 草引きし始めたら ハチに刺され、
アシナガだから まぁいいか、
あれこんな時間、田の水 止めに行こうか、
ああ 腕が むくんでる、このくらい 肉付いてても いいのかなぁ、


なので 本日は 農家っぽくて いい気分でした。
明日も 草刈り です。


IMG_1145.jpg
ビフォー


IMG_1144.jpg
アフター


IMG_1142.jpg
アフターの手首
やってるときは ほとんど気付かず
終わってみると 赤くドロっと
それが ヒル
って感じでしょうかね


IMG_1133.jpg
落雷で プリンタが壊れたので 交換した 電源部の基盤
治ったので 残暑はがきでも 作るか、、。

失礼しました。
けん
posted by おこめ at 23:17| 山口 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする